あさきゆめみし

好奇心の趣くままに載せてます

わかりやすく伝えること その2

1月27日に引き続き、2月24日もSPREAD(一般社団法人セキュリティ対策推進協議会)のセミナーを受けてきました。
今回は株式会社ラックさんが会場を提供してくださったとのこと。
午前中がっつり仕事して、それから会場に向かうという迷子が得意な私には(いまだに地下鉄の乗り換えが下手くそ)時間通りに集合という技のハードルは高い・・・

spread20180224tky.peatix.com

まずは事務局から

SPREADとは英語で広げる、のばす、または広がること。
SPREADはセキュリティ対策を広める非営利団体です。
セキュリティに関してもインフルエンザと同じで
①知る
②対策する
③専門家に相談
私たちのやることは①と②、知っておく人を育成支援する活動です。
セキュリティ対策が苦手であるとかITが不得手な人に気軽に相談できる誰かになってもらいたいというのが指導者養成セミナーのはじまりだったとのこと。
今回は中小企業の中の人に向けて「伝えること」を想定しています。
 ”相談しよう、そうしよう”
ウチのお客様も中小企業の方が多いので、このフレーズをお客様からいただけるよう伝えていきたいと思いました。

わかりやすく伝える~中小企業向け編 淵上真一さん

今回は相手が企業向けということで、なるほど!と頷くことばかりでした。

  • わかりやすく伝えるためには全体像から説明する
  • 「なぜ」と「どのように」のバランスを考える
  • 聞き手の身近なものに例える
  • ジェネレーションギャップも考慮する必要がある など

企業向けは「~べき」論で話しがちであるけれども、業界によって常識や目的が違うことを念頭におくこと大切だと、耳が痛い所をつかれました。
また、「錯視」により脳はまんまと騙されることを楽しく体験しました。

企業の方向けには4W2Hで話すということ。

  • いつ
  • 誰と
  • どこに
  • なに
  • どのように
  • いくら

この場合「なぜ」を省くのは、シンプルにメッセージが伝わるため

企業の方向けにはどのように伝えていったら良いか

  • セキュリティはITを安心して利活用するための最小限の配慮である
  • 経営者向けなのか担当者向けなのか

 アプローチとして有効なのが「仮想常識法」←造語だそうです 

  • 「できない・無理」=「今は厳しい」に置き換えてみる

 現状に気づいてもらい寄り添う。答えはビジネスをしている人の中にあるということ
 ここで大切なのは意識の向上である

今年度のセミナー(東京会場)はセキュリティを教える対象向けに3回に分けたものになっていたそうです。
おかげで、受講しながら「こんなことに気を付けるのか」とイメージが明確になりました。
また、今回もカスペルスキーさんや協賛企業様のおかげで受講料もリーズナブルにしていただいておりました。
カスペルスキーさんのCSR活動には本当に頭が下がります。

遅くなりましたが関係者の皆様、ありがとうございました。

わかりやすく伝えること その1

ブログにあげるまでがセミナーといいますが、のんびりしすぎたかな。
1月27日(土)にSPREAD(一般社団法人セキュリティ対策推進協議会)
のセミナーを受けてきました。
www.spread.or.jp

事務局からの説明

SPREADとはセキュリティ対策を広める非営利団体です。
情報セキュリティサポーターの育成・支援を行っています。
 例えばインフルエンザが流行っていると聞いたら対策しますよね。
 でもインフルエンザかどうかはお医者さんにいかないとわからない。
 セキュリティ対策も同じで、判断はプロにお任せするけれども、
 私たちはウィルスとか流行っていることを知っておくことが大切。
 
自分で対策できない人を置き去りにしないセキュリティ
 置き去りにすると情報格差による被害が起こる。
 被害にあったお金はさらなるサイバー犯罪の資金になることもある。
 車に乗らなくても道路を使うなら交通ルールを知っておく必要がある
 ように国民全体のセキュリティ意識の底上げのための活動をして
 います。
とのこと。

初心者・シニアが気をつけたいネット詐欺  BBソフトサービス 山本和輝さん

シニアの被害事例を追いながら誰もが引っ掛かりがちな行動や心理学的
手法を紹介し、どこに気を付けたらいいかを説明してくれました。
 きっかけはSNSが多い。
 詐欺グループのコールセンターはとても親切らしい。
 「確証バイアス」という心理学的手法を利用するとのこと。

大事なことは

  • 行動を振り返る
  • 違和感を感じたら 立ち止まる、自分で調べる方向転換する勇気 
  • ネット詐欺を防止するツールの有用性

ネット詐欺はすぐそこにある脅威だと改めて感じました。

わかりやすく伝えるということ 淵上真一さん

わかりやすく伝えるということは理解のためのコストを取り除くという
こと=伝えるコストは発信するほうが負担するのだと。

今回は初心者・シニア向けに”わかりやすく伝える”ことが中心です。

  • スタートは「誰に」、ゴールは「何を」
  • 何を伝えたいかにより粒度が変わる
  • 全体像から説明する
  • なぜ、どのようにを言わないと手順が抜けたりする。身近な伝え方が大事
  • 初心者・シニアとの認識の違いがないか気を付ける

認識の違いの事例のワークでは自分の思い込みにハッとさせられました。

また、シニア向けには言い換えが大切であるということ。
「シニアになったことがある若者はいないが、シニアはかつて若者だっ
た」
という講師の言葉がとても印象に残りました。
初心者やシニアには「伝わること」が大事、「伝わること」とは聴く
こと。とても深い言葉です。

カスペルスキーさんや協賛企業のおかげで受講料もリーズナブルに
していただいておりました。感謝です!
半日の受講でしたが、とても中身の濃いセミナーでした。
心に刺さる講師の説明が多く、今後の自分の活動に生かしたいと
思います。

関係者の皆様、ありがとうございました。

登録申請

f:id:prettyelmo:20170729135157j:plain:w350
今の事務所に入って間もなく1年

所長のすすめもあって、税理士登録申請しました。

(書類記入の多さと証明書を揃える手間の大変さに何度も挫けそうになりましたが)

登録までにAFP登録も間に合うようにしたいな。

マイナンバー記載を要する書類(国税関係)

国税庁サイトに”平成29年1月1日以降もマイナンバーを記載しなければいけない書類”
の一覧が上がっています。
各税の申告書や還付金請求にかかる届出書がほとんどですが、かなり見直しを進めて
いるように感じます。

平成28年度税制改正によるマイナンバー(個人番号)記載対象書類の見直しについて(改正内容のお知らせ)|社会保障・税番号制度<マイナンバー>について|国税庁

せきゅぽろ#16

かねてから、美味しそうなスイーツと興味あるテーマに惹かれていた
せきゅぽろ(北海道情報セキュリティ勉強会)に参加してきました。
この年にして、初めての北海道!

今回のテーマが標的型攻撃&スマホ/webセキュリティということもあり
参加者も50人を超える人気ぶりでした。
スタッフの方からの注意事項と自己紹介タイムの後、メインセッションへ。

「標的型攻撃について」   まっちゃだいふくさん

  世間を騒がせている「標的型攻撃」の
  ①特徴
  ②漏洩
  ③ターゲットの変遷   の面からいろいろな話がありました。

 特に印象深かったのは、目立った被害がすぐには露見しないこと、
 被害状況もわからないなど、ユーザが直接狙われてしまうことの
 怖さと対処のヒントでした。

KDDIの本気モードセッション」 竹森敬祐さん,磯原隆将さん

  スマホアプリで適切なプライバシーポリシーを担保するために
  心を砕いていることを、熱くリニア級の速さで解説。
  ①アプリの通信パターンのデモ
  ②利用者の「忘れられる権利」のために取り組んでいること
  ③適切なプライバシーポリシーについて
  ④Firefoxのセキュリティ

 スマホを使う上で何となく気持ち悪いという理由の一つに
 どんな情報を持っていかれているのかよくわからないということが
 あると思います。
 そこでWebのcookieにあたる仕組みをスマホに持たせると、
 「忘れられる権利」をユーザが手にできるかもしれない。
 このセッションを聴いてキャリアをauに変えようと思ったのは
 私だけではないはず…

LTも中身の濃いものでした。

「情報セキュリティに必要なこと」  i9R4un1さん

 情報セキュリティに必要なものとして
  Ethics
  Compliance 
  Due care
  Due Diligence があるけれども、コンプライアンスには通常の
 法令順守だけではなく、フルセットコンプライアンス(社会的要請
 への適応)も含まれる…メモメモ

Facebookのお友達一覧でスパムアカウントを見つけてしまったときのお話」 SINさん

  旧い友人の名前で友達申請がくると、つい「承認」しそうになるけれど
  スパムアカウントの場合もありますよね。
  ということで、スパムアカウント発見ツールを作ったそうです。
   ↓に資料を公開してくださってます。

   http://www.slideshare.net/furuya02/facebook-24436561

「北海道におけるホワイトハッカー育成、およびCtf勉強会について」

  umeboshiさん
  ctf勉強会を北海道でやりたいという思いを熱く語ってくれました。
  

スイーツのレベルも高かったです。

スタッフのみなさま、お世話になりました。
ありがとうございました。